ぼくのニワトリは空を飛ぶー菅野芳秀のブログ

我が家は私と妻、両親と長女、長男の総勢6名。長女は東京で学生生活。2005年4月から長男が、2006年4月から妻が農業に従事する。

 放し飼いの自然養鶏が800羽、水田が2ヘクタール、野菜畑が少々の「有畜複合経営」だ。かつてNHKの番組にあった「大草原の小さな家」のように暮らしていければいいかなと思っている。ちょっと格好のつけすぎかな。

 今からおよそ30年ほど前。26歳の春。農家の後継者として農業を継いだときは、農協が指導するからとか、改良普及所がこういうからではなく、農業するものの生き方、哲学が反映する農業を志したいと思っていた。

 金太郎飴のようなどこにでもある類型化された農業ではない農業、それを表して「芳秀飴農業」といっていた。

 その中味は「二つの大切、四つの基準」と言っていたのだが、大切なことは「楽しく過ごすこと」と「豊かに暮らすこと」の二つだ。それを実現するための四つの基準は「食の安全と環境を大切にする」「暮らしの自給を追求する」「きれいな景観をつくる」「家族みんなが楽しく農業に関れるよう努める」だった。

 気負っていたねぇ、あの頃のオレ。

 子ども達には「今日は田植えなので学校を休みます。」とか「稲刈りなので・・」、「雪下ろしのために・・」などと理由をくっつけながら、よく小学校を休ませていた。

 「楽しくなければ人生じゃない、おもしろくなければ百姓じゃない。」今はこれかな。

 「おもしろきことのなき世をおもしろく」という高杉晋作の辞世の句のパクリだけどね。
2006.04.16:kakinotane:[メモ/私の経営]
楽しみが増えました。
えー!お連れ合いも百姓するの?
百姓って本当は楽しい仕事なんだよね。
今度お目にかかるのが楽しみです。

2006.04.18:鈴木恵理子:修正削除
春ですね!
ブログオープンおめでとうございます。はるばるスウェーデンからまめに拝読させていただきますので、どうぞ宜しくお願いしますっ。日本は新緑が美しいでしょうね。こちらはようやくしつこい雪が消えまして地面を見ることができるようになりました。パワーを感じます。太陽が出ると虫のごとくワナワナ外へ出て陽にあたりに行きます。

2006.04.19:静香:修正削除
ブログ拝見しました
自然養鶏800羽はすごいですね。想像すると壮大さが目に浮かびます。

今後とも、時々ブログを拝見します、ご活躍を期待します。

2006.06.24:煙 達郎:修正削除
すごいなー
すごいなー 1000羽行ってみたいです 

今年の夏はとっても暑いですが、鶏たちは元気なんで

しょうね? 幸せなニワトリですね。

2007.08.21:mizuho:修正削除
訪問購入は?
菅野様、私は小学3年生から6年生まで長井市で過ごしました。父の転勤のためです。福島の平からきて鶴岡へ去りました。昨春転勤で仙台に来ており、長井市を訪れてみたいなとおもっていました。そのついでに直接お伺いして購入は可能でしょうか?

takahashi.hidenori@gmail.com

2011.11.25:高橋英徳:修正削除
OKですよ。
高橋さま;OKですよ。いつでもおいでください。ただし事前にご連絡いただければと思います。こちらは雪の対策に翻弄されています。

2011.12.05:菅野芳秀:修正削除


▼<新米のご案内です。> 1、品種;「ひとめぼれ」と、「コシヒカリ」、それにもち米の「黄金もち」です。 2、肥料;自然発酵鶏糞とレインボー堆肥中心で育てました。化学肥料は使用していません。 3、農薬(殺菌剤・殺虫剤);使用していません。 4、除草剤;一回のみ使用。あとは除草機を動かし、田んぼの中を歩きました。 5、価格;品種問わず、白米、七分とも10kgあたり5,000円(送料別)、玄米は4,600円です。もち米も同じ価格(3kgは別価格)です。 6、保管と発送;お米はモミのまま貯蔵し、夏は低温倉庫で保管します。毎月10日が到着日。風味が損なわれないように発送直前に精米しお届けいたします。 7、お申し込み;同封の(添付の)用紙に月ごとのお届け量をご記入しお送りください。また、毎月お届けする方につきましてはAとBの二つの品種パターンがあります。隔月や不定期のかたはこの限りではございません。 A;「ひとめぼれ」と「コシヒカリ」とを交互にお送りします。 B;どちらか一方の品種に限定します。 注文用紙にAかBかのどちらかをお書きください。Bの場合は品種名をお書きください。作付け面積は6;4で「ひとめぼれ」が多くなっています。よって、途中からどちらか一方になるかもしれません。あらかじめご承知おきください。 また、10月分は生育の速さの違いから全てが「ひとめぼれ」となります。 ご注文はメールかファックスでお受けいたします。 田んぼは昨年より少し増えました。お仲間にご紹介いただけたらうれしいです。 8、ご注文の変更;品種、つき方、量の変更などは前月の月末までお知らせ下さい。 9、お支払い;郵便局の振込み用紙を同封いたします。  <ウラへ> <オモテより> 10、お米の発送;お米のお届け日は毎月10日着にいたします。新米は10月中にはお届けで来ますが、稲刈りが始まらなければ分からないところがあります。できるだけ10日にお送りできるよういたします。 11、申し込みの取り消し;いつでも自由に行えます。   土・いのち・循環の下に       菅野農園     2011,9 この記事へのコメントはこちら
名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。