ぼくのニワトリは空を飛ぶー菅野芳秀のブログ

「誰にも責められてはいないが、みんなに責められている気持ちだ。」

 白鷹町の友人の牛が放射線に汚染されたワラを食い、出荷した4頭の牛の肉から1kgあたり55〜290ベクレルのセシウムが発見された。彼は50頭ほど飼っている米沢牛の畜産農家で、上はその彼の言葉だ。
 4月、彼は被災地の宮城県石巻近郊にボランテイアの炊き出しに行った際、以前取引のあった近くのワラ業者に電話をし、何か力になれることはないかと尋ねたところ、「俺もワラ屋だからね。」tと応えたという。分かってくれということだ。

自分の田んぼの稲ワラを与え、牛の堆肥をその田んぼにかえす。彼はかねてよりこのような牛と田んぼの小さな循環を大切にしていた。儲かるからといってやたらに牛の頭数を増やそうとせず、自分の管理している田んぼの面積に応じて飼う。これが彼のやり方だった。今年もワラは充分だったが、震災の渦中にいる業者の言をうけ、一台ぐらいならばと引き受けた。まさか宮城県北部の大崎平野の田んぼのワラまで放射能で汚染されていたとは考えられなかった。

 ところで私はワラは秋に田んぼから厩舎に取り込むものと思っていたので、春になぜ汚染したのかが分からなかったが、雪国以外のところでは田んぼに散在していた稲ワラを春に取り込むことは広く行われていることだという。

 国や県の関係機関がもっと早く事態を察知し、指摘してくれたなら対処の仕様もあったのにと思うと残念だ。関係者は牧草の汚染を知り、注意を呼びかけていたのだから、ワラの汚染にも当然気づいていたはずなのだろうが、やっぱり宮城県北部までとは思わなかったのだろう。

 牛肉から検出されたセシウムの量は国が定めた暫定基準の500ベクレル(
アメリカは1200ベクレル、カナダは1000、EUは1250、WHO、FAOは1000)よりはずっと下回っている。しかし、マスコミは「山形県の牛から・・」とセンセーショナルに報じ、県は「疑いのある牛」の個体識別番号をインターネットなどで公表した。その後、全てが基準値を下回っていることを強調したのだが遅かった。今、牛肉は記録的な安値をつけている。

 牛肉の取り扱い業者は「低い数値とはいえ、一方にゼロがあるのだから売れないだろう。」といっているという。畜産農家にとっては切なく、深刻な話だ。彼は「新聞やマスコミで報じられて以降、稲ワラ業者、畜産農家、食肉業者は被害者なのだが、加害者のようになってしまっている。」と話す。実感だろう。

県は宮城県などから稲ワラを買っていた112戸の畜産農家に対して出荷自粛を要請した。出荷時期になっても出荷できず、餌を食べ続ける。さらに買い手が付かないとすればその被害は甚大だ。
 政府は基準値である500ベクレルを超える被害については国が全頭を買い上げるといっているが、それ以下は対象外としている。

 誰が彼らをまもるのか。


基準についての質問
お尋ねします。「アメリカの基準は1,200、EUは1,250ベクレルだ。」とは何の基準を指すのでしょうか?

ちなみに、食品摂取制限基準は以下のとおりです。
3月17日厚生労働省通達
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

諸外国との比較
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

2011.07.22:高橋文隆:修正削除
高橋さま
放射性セシウムの基準です。
FOOD COMMUNICATIONN COMPASS(小文字かもしれません。)のホームページによりますと
アメリカは1200ベクレル、カナダは1000、EUは1250、WHO、FAOは1000となっていました。あっちこっち調べましたがなかなか読み取るのが難しいですね。

2011.07.22:菅野芳秀:修正削除
やっぱり載せましょう
せっかくしらべたのですからやっぱりのせましょう。セシウムの基準値。
いやね、息子から日本の暫定基準値500ベクレルよりも大きな数字をEUだアメリカだといって挙げるのは、牛肉に含まれている数値を小さく見せようという意図からであって、消費者の立場に立っていない。親父も農民だということだよ、なんてほざかれていたのですよ。でもね、ゼロは望むべくもない。友人の牛肉の汚染度合いを数値化すればこうだよと把握するには比べるものは多いほうがいいからね。比べてどうしようというのだ。いのちとセシウムの関係は比べたからといってどうなるものでもない。それはわかっているのです。

 野菜も果物も肉も・・いのちを支えるもっとも大切な食料と水、土。俺たちにとってだけでなく未来の方々にとっても同じく貴重なそれら。それを未来と相談することなく別なものと交換してしまったんだ、俺たち。でも、まだ懲りない人たちがいるな。戦争末期の「本土決戦」のように、「まだがんばれる余地はある」なんておもっているんだろうかな。

2011.07.23:菅野芳秀:修正削除
基準値はどんどん変化する
日本って国は、被ばくしても大丈夫とする基準値が3,11以来、どんどん変化していますよね。
被ばくの許容値を上げるということは背景に何があるのか、それが故に将来的にはどんなことになっていくのか、
自分で情報を集めて自分の責任で判断し、行動することが求められているような気がします。

2011.07.23:あおい:URL修正削除


▼<新米のご案内です。> 1、品種;「ひとめぼれ」と、「コシヒカリ」、それにもち米の「黄金もち」です。 2、肥料;自然発酵鶏糞とレインボー堆肥中心で育てました。化学肥料は使用していません。 3、農薬(殺菌剤・殺虫剤);使用していません。 4、除草剤;一回のみ使用。あとは除草機を動かし、田んぼの中を歩きました。 5、価格;品種問わず、白米、七分とも10kgあたり5,000円(送料別)、玄米は4,600円です。もち米も同じ価格(3kgは別価格)です。 6、保管と発送;お米はモミのまま貯蔵し、夏は低温倉庫で保管します。毎月10日が到着日。風味が損なわれないように発送直前に精米しお届けいたします。 7、お申し込み;同封の(添付の)用紙に月ごとのお届け量をご記入しお送りください。また、毎月お届けする方につきましてはAとBの二つの品種パターンがあります。隔月や不定期のかたはこの限りではございません。 A;「ひとめぼれ」と「コシヒカリ」とを交互にお送りします。 B;どちらか一方の品種に限定します。 注文用紙にAかBかのどちらかをお書きください。Bの場合は品種名をお書きください。作付け面積は6;4で「ひとめぼれ」が多くなっています。よって、途中からどちらか一方になるかもしれません。あらかじめご承知おきください。 また、10月分は生育の速さの違いから全てが「ひとめぼれ」となります。 ご注文はメールかファックスでお受けいたします。 田んぼは昨年より少し増えました。お仲間にご紹介いただけたらうれしいです。 8、ご注文の変更;品種、つき方、量の変更などは前月の月末までお知らせ下さい。 9、お支払い;郵便局の振込み用紙を同封いたします。  <ウラへ> <オモテより> 10、お米の発送;お米のお届け日は毎月10日着にいたします。新米は10月中にはお届けで来ますが、稲刈りが始まらなければ分からないところがあります。できるだけ10日にお送りできるよういたします。 11、申し込みの取り消し;いつでも自由に行えます。   土・いのち・循環の下に       菅野農園     2011,9 この記事へのコメントはこちら
名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。