湯ノ沢間欠泉湯の華

施設紹介
明日から九月だと言うのにこの暑さは耐えられません。
でも、湯の華間欠泉は標高800m、下界とは5℃の温度差があります。
したがって気温30℃を超えることはありません。
湯の華のベランダから岩魚の遊ぶせせらぎをのぞむ、最高の贅沢です。
米沢市内に在住する大学生の情報誌「ザワワ」の取材がありました。
吹き上げる間欠泉への入浴が写っている貴重な写真です。
...もっと詳しく
 当旅館は、日本にただひとつの炭酸ガスにより噴き上げ入浴できる「間欠泉」露天風呂を持つ秘湯の宿です。35.1度ですが、今の節最高です。
寒い日は内風呂(42度)がありますので大丈夫です。星を眺めながら露天風呂につかるのも最高ですよ。
 お料理のほうは、山菜と川魚(岩魚)を使った「田舎料理」を中心にご提供いたしております。いいで牛(厳選)ステーキもおすすめです。
宿泊、休憩、日帰り入浴、食堂営業を致しております。
 東沢渓流の、ぶなの原生林を眺めながらの道中も、こころなごみます。
ぜひ、秘湯「湯の華」においでくださいますよう心よりお待ちいたしております。

名称: 湯ノ沢間欠泉「湯の華」
住所: 〒999−0422山形県西置賜郡飯豊町大字広河原字湯ノ沢448−2
宿泊収容:30名 7部屋
日帰入浴:大人600円・小人300円
泉質: ナトリウム、カルシウム、炭酸水素塩、塩化物温泉
効能: きりきず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病,痔病、冷え性,病後回復期、疲労回復、健康増進
問合・予約先: 蠹鬟梁間欠泉 TEL0238-78-0045 FAX0238-78-0046
         宿直通     090−2275−2104

    現在ご予約受付中!お電話お待ちいたしております。
...もっと詳しく
時は移ろい時代は流れる。
新しいものが 生まれ、
繰り返すが、
元と同じではないかも。
たとえば 人間
そのひとは、ひとりだけ、

湯の華の玄関を入った正面の景色がこちらです。

本物のせせらぎの音 が聞こえますよ。
            平日限定、ですね。
お奨めタイムは やっぱり
   EARY in the MORNING ♪でしょう。
湯ノ沢間欠泉が
噴水みたいに 噴き出した姿でお目見えしたのは
1998年頃かららしいです。

それまでも
間欠泉として何百年の歴史があったのに、
パイプで横向きに導水していただけでした。

天までとどけ〜

地元のSサンが

関東学院大の調査のとき同行道案内されて

シャッターチャンスを得られたそうですよ。
Earth Science



...もっと詳しく
左側に10畳のおへやが6室。
右に洗面所とお手洗いがあります。
内風呂が男女1つずつ、露天風呂が男女1つずつ、混浴露天風呂1つ、源泉かけ流し自慢のお風呂です。
...もっと詳しく
常にこんな感じです。高いときは10数メートルぐらい噴出します。
...もっと詳しく
ゆったりできるスペースです。窓からの新緑(春)や紅葉(秋)も楽しめます。