木造校舎大暮山分校 白い紙ひこうき大会

木造校舎大暮山分校 白い紙ひこうき大会
ログイン

本日8月23日(日)が、
大暮山分校のある風景を見られる最後の日です。
明日から解体工事が始まり立ち入り禁止になります。



2009.08.23:ryuzi:count(3,420):[メモ/近頃のできごと]
copyright ryuzi
powered by samidare
ありがとうございました
白い紙ひこうき大会のおかげで、わたしたち家族にとっての夏のかけがえの無い思い出を作っていただき、安藤さんをはじめ皆様には本当に感謝しています。ご尽力ありがとうございました。
そして大暮山分校にも心からありがとうという気持ちで一杯です。

初めて参加した時の、大暮山への細い道、落ち葉の坂道をどきどきしながら息子と手をつないでのぼったこと、目の前に広がる木造校舎のたたずまいに「わぁ・・・!」と声が出たこと。
にわか雨で体育館に避難し、村川さんの伴奏でシャボン玉の歌をうたったときの楽しかったこと、サンバララさんたちの太鼓に目を丸くして聞き入ったこと、模型ひこうきが墜落してしまったり、雲の中から登場した大黒様(スタッフの方が大真面目顔でドライアイスにポットの水?湯?を注いで一生懸命あおいでスモークを作っていたのが面白かったです・・・。)、最後の舞では後光も差しての登場でした・・・(^ ^)。
雨が降っても必ず晴れて、夕空とヒグラシとひまわり、夕日に照らされる校舎に見送られながら「楽しかったねえ、また来年も来ようね。」と帰ってきたものでした。

あったかい出来事が次から次に思い出されます。

抱っこして集合写真に写っていた息子もすっかり大きくなりました。子どもを育ててきた今までの時間の中に紙ひこうき大会があったこと、本当に幸せなことだった感じます。

今日も分校は朝日に照らされて建っているんだろうな・・・と今朝晴れた空を見ながら思っていたところでした。
今日から解体との事。ひまわりが最後まで見守ってくれるのでしょう。

校舎の姿はなくなっても、校舎の懐で遊ばせてもらった時間はいつまでもみんなの心の中で生きていると思います。

安藤さんには家族みんな感謝しております。ありがとうございました。お疲れ様でした。今後とも変わらずご活躍ください。




2009.08.24:おおかぜ:修正削除
こちらこそ
おおかぜ様
 こちらこそ毎年大会を盛り上げていただきありがとうございました。感謝の念でいっぱいです。
 10年間、本当に素敵な出来事がたくさんありましたね。そして事故もクレームも一件もなく楽しめました。参加下さった皆さんのやさしい気持ちが、いつも不思議な力を生み出していたのではと空想しています。
 さすがに仕方ないとは思っていても、なんだかみんなの秘密基地を大人に取り上げられた気持ちですね。でも、最後まで無下に解体されることを肯定せず、「木造校舎のある公園」として存在意義を世にアピールできて良かったと思っています。それがお世話になった分校への仁義であり、分校も最後までその役割を凛と果たしてくれました。
 先日、たまたま中3の娘と二人で分校に行く機会があり、誰もいない校舎で紙ひこうきとシャボン玉飛ばしを存分に楽しんできました。一度でいいから私も家族で大会を楽しみたいと思っておりましたので、最後にいい思い出を作れました。
 それにしてもあっという間の10年でした。白い紙ひこうき大会は生涯の心の財産です。
 本当にありがとうございました。
 

 
 
2009.08.25:安藤竜二:修正削除
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。