山ブラ日記

山ブラ日記
ログイン

"天使の歌声"布施尚美と、繊細で暖かい和音を奏でるギターの名手、伊藤ゴローによるボサノヴァ・デュオ、naomi&goroの文翔館ライブ。

アルバム「Bossa Nova Songbook2」「passagem」リリース記念
NAOMI&GORO 文翔館LIVE

日時:6月26日(土)開場 16:30、開演 17:30
会場:山形市・文翔館「議場ホール」(山形市旅篭町三丁目4番51号)
料金:前売 3000円、当日 3500円
チケット販売:VigoFM、新星堂山形駅ビル店、新星堂カルチェ5仙台店(3F)、Bar Saudade、Espresso、Rough roLL、そば吉里吉里(天童市高擶)、台湾ニーハオ
(遠方の方は、下記までお問い合わせ下さい。)
後援:VigoFM(78.8MHz)
主催/お問合せ先:山形ブラジル音楽普及協会
    E-mail: bossacur@ma.catvy.ne.jp

<NAOMI&GOROプロフィール>
透き通るように美しい、天使の歌声をもつ布施尚美と、暖かく繊細な音色とハーモニーで語りかけるギターの名手伊藤ゴローによるボサノヴァ・デュオ。ギターの弾き語りというシンプルなスタイルで、コードの響き、言葉の響きを大切に、カバー曲からオリジナル曲までを演奏しています。2009年に初のブラジル・リオデジャネイロ録音アルバム「Bossa Nova Songbook 2」「passagem」をリリース。坂本龍一、ジャキス・モレレンバウムも参加。

2002年12月1日 ファースト・アルバム 「turn turn turn」(333DISCS)を発表。
2003年12月1日 ボサノヴァ・クリスマス・アルバム「presente de natal」(333DISCS)
2004年8月18日 2ndアルバム「BON BON」(On The BeachRecords)
2006年4月12日 POPSカバーアルバム「HOME」(333DISCS)
2006年7月5日 3rdアルバム「P.S.I Forgot」(On The BeachRecords)をリリース。その他、ジョアン・ジルベルト初来日記念盤 「Felicidade -A Tribute to Joao Gilberto」2003年 (東芝EMI)に『isaura』のカバーで、アントニオ・カルロス・ジョビン生誕80周年記念アルバム 「Nosso Tom」2006年 (エイベックス)に『イパネマの娘』のカバーで参加、その他にも様々なコンピレーションに参加。
2006年にリリースした「HOME」が韓国のSTOMP MUSICよりリリースされ、韓国のテレビ局EBSのライブ番組「space」、MBCのライブ番組「for you」へ出演。
2007年 坂本龍一主催のロハス・クラシック・コンサート2007に出演。
2008年1月スタートのJ-WAVE ノエビアINTO THE LIFE(月〜木 15:40〜15:50)ジングルも書き下ろし。
2008年5月 この年はボサノヴァ生誕50周年の記念すべき年。naomi & goroは6枚目で初のボサノヴァカバー集となる「Bossa Nova Songbook 1」をcommmonsよりリリース。坂本龍一もピアノで2曲参加。アルバムリリースにあわせて、全国35カ所ツアーを行なう。ボサノヴァ50周年を記念して行なわれてBOSSA AOYAMA 2008、夢の島陸上競技場で行なわれたWORLD HAPPINESS、韓国Grand Mint Festivalにも出演。
2009年 初のブラジルのリオ・デ・ジャネイロで約2ヶ月間かけて制作したアルバム「Bossa Nova Songbook 2 (7月8日)」と「passagem (10月21日)」をリリース。リオの最強ミュージシャンと録音。チェロにジャキス・モレレンバウム、ピアノに坂本龍一も参加。
2010年1月より 九州地方で悠々ホームCMのオンエアスタートIt’s My Homeを書き下ろし。

*布施尚美 プロフィール
宮崎県宮崎市出身 B型
ヴォーカル、ギター(ライブのみ)。作詞作曲も手がける。
高校時宮崎県シーガイアでの小野リサの演奏を聴きボサノヴァに出会う。
1996年、偶然ブラジル人のボサノヴァ演奏に出会い、ギター弾き語りを高橋信博氏に師事する。
1997年から都内ライブハウスで活動を開始。
1999年に伊藤ゴローと出会い、ボサノバ・デュオとして演奏活動をスタート。
2002年 naomi & goroファーストアルバム「turn turn turn」をリリース。
2008年5月よりSONY VAIOシリーズのTVCMのナレーションを担当。2010年現在オンエア中。
スポーツや、ダンスが得意。
趣味は海外旅行。毎年夏と年末年始にそれぞれ1ヶ月間をヨーロッパ各地で過ごしている。

*伊藤ゴロー プロフィール
青森県青森市出身 左利き O型
作編曲家、ギタリスト、プロデューサー。ソロ・プロジェクト「MOOSE HILL(ムース・ヒル)」としても活動中。
インストゥルメンタル音楽をメインに、映画やドラマ、CMの音楽なども手がけ、国内外でのアルバムリリース、ライブを行う。
2006年リリースのMOOSE HILL 2ndアルバム「desert house」に、原田知世が2曲ヴォーカルで参加。
第18回東京国際映画祭でグランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞の4冠を、またその他にも多数の賞を受賞した映画 「雪に願うこと」(監督:根岸吉太郎、出演:伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵 他)の劇場映画音楽を担当、オリジナル・サウンド・トラックをリリース。2005年から2007年まで毎年「旅先でレコーディング」をコンセプトにした写真集+CD「HAWAII, HAWAII」「Rainbow Hawaii」「上海」を、KAMA AINA(青柳拓次)、高田漣、MOOSE HILL名義でリリース。
2007年8月8日、坂本龍一氏の新レーベルcommmonsより、伊藤ゴロー企画&プロデュースのペンギン・カフェ・オーケストラ「tribute」「best」をリリース。このトリビュート盤には坂本龍一、高橋幸宏、スティーヴ・ジャンセン、高野寛、高木正勝らが参加。 「きっかけはフジテレビ」キャンペーン5周年を記念して作られた、長澤雅彦監督による2本のショートムービ「identify」 「metamorphosis」の挿入歌、劇中音楽も担当。
2007年11月28日リリース:原田知世デビュー25周年記念アルバム「music & me」をプロデュース。
2008年11月19日 青柳拓次とのユニットTAKU & GOROでアルバム「Radio Indigo」をリリース。
2009年2月18日リリース:高鈴「ヒビノウタ」(ソニーミュージックレコーズ)をプロデュース。
2009年10月21日リリース:原田知世「eyja」(EMI Music Japan)をプロデュース。
http://itogoro.jp

アルバム特設ブログ http://blog.livedoor.jp/naomiandgoro2009/
オフィシャルHP http://www.naomiandgoro.jp



2010.05.25:yama-bra:count(4,246):[メモ/ライブ・イベント]
copyright yama-bra
powered by samidare
community line
http://tukiyama.jp/yamagatan/music/
http://yamagatan.com/
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。