【活動報告】「ウィンターボランティアスクール」で介護用クッションを作りました!!

  • <b>【活動報告】「ウィンターボランティアスクール」で介護用クッションを作りました!!</b>

 令和5年12月9日(土)長井市社会福祉協議会主催『ウィンターボランティアスクール』を開催しました。

 ウィンターボランティアスクールは次代を担う小中高生にボランティア活動を通して、自分たちが住んでいる地域の福祉に対する理解と関心をもつきっかけをつくると共に、ボランティア活動への積極的な参加を促進することを目的に開催しています。
 今年度は「介護用クッション作成ボランティア」を中心としたプログラムを実施。当日は計1名の児童生徒さんに参加いただきました。


 12月9日の活動を紹介します。

オリエンテーション
 オリエンテーションでは、豆掴みゲームや早口言葉など、ゲームを交えた交流活動を行いました。


ちょっとボランティアのお話
 ボランティアとはどういう活動なのか、ボランティアを続けている人はどんな気持ちで続けているのかなどのお話を聞いていただきました。


お年寄り・介護のお話
 今回作る介護グッズについて説明する前に、お年寄りの気持ちについて、介護はどういうことなのか、今回作る介護グッズはどんな人が使うものなのかなどのお話を聞いていただきました。


ボランティア体験(介護クッション作成ボランティア)

 今回は、拘縮の方のための介護用クッションを作成するボランティアを体験していただきました。体験では、布を自分で選んでいただき、オリジナルの介護用クッションを作りました。
メッセージカードと一緒にラッピングされた介護用クッションは、後日、長井市内の拘縮で困っている方にお渡ししました。大変ありがとうございました。


●拘縮について
 拘縮とは、筋肉が動きにくくなり、動きが固まってしまう状態のこと。
 手が拘縮になると、手を握りこみすぎて手のひらに爪が刺さってケガをしたり、皮膚がふやけてぐずぐずになってしまったりします。



 ウィンターボランティアスクールへの参加ありがとうございました。
 進学、進級されてもまた一緒にボランティア活動ができたらいいですね。

 ウィンターボランティアスクールは次年度も開催を予定しています。ご興味があれば、ご応募ください。

 長井市社会福祉協議会では、引き続きボランティアの普及推進のための事業を実施して参りますので、今後ともご支援ご協力をお願いいたします。



【お知らせ】令和5年度ボランティア体験作文表彰式を開催しました。

  • <b>【お知らせ】令和5年度ボランティア体験作文表彰式を開催しました。</b>


1月13日(土)長井市老人福祉センターにて「令和5年度ボランティア体験作文表彰式」を開催いたしました。

 ボランティア体験作文は、市内小中学校様のご協力のもと、夏休み前に募集案内を配布していただき、児童生徒の方々には、夏休みの期間などを利用してボランティア活動を行ったりした際の体験を題材に、作文を応募していただきました。

 今年度は、小学生からは23編、中学生からは4編の応募をいただきました。応募作品は3人の審査員様に審査いただき、特選3編、入選9編を決定しております。

 表彰式では、木製の賞状と記念品をお渡しさせていただきました。(お渡しした木製の表彰状は障がい福祉サービス事業所せせらぎの家で作っていただいたものです。)

会場の様子



 また、表彰式に続き、今年度は、コロナ過で中止していたボランティア作文の発表会を再開し、特選受賞者に発表していただきました。
 すばらしい発表、本当にありがとうございました。

記念写真


 応募いただいた全ての作文で、みなさんそれぞれ自分の興味のあるボランティア活動で実施したことや企画したことなどについてわかりやすく書いていただきました。
 
 ボランティアをしてみたり、ボランティアとはどういうものか考えたことは、きっとこれからの皆さんの自信に繋がっていくと思います。

 ボランティアは誰かのためにもなり、自分の成長や仲間づくりにもなる活動です。これからも機会を見つけてボランティアにチャレンジできたらいいですね。

 長井市社会福祉協議会では、引き続きボランティアの普及推進のためのイベントを企画して参りますので、今後ともご支援ご協力をお願いいたします。


2024.01.19:shakyo:コメント(0):[お知らせ掲示板]

【お知らせ】赤い羽根共同募金様より「令和6年能登半島地震災害義援金」募集のお願い

  • 【お知らせ】赤い羽根共同募金様より「令和6年能登半島地震災害義援金」募集のお願い

『令和6年能登半島地震災害義援金』について


 このたびの災害により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 令和6年1月1日に発生した能登地方を震源とする地震により、北陸地方を中心に人的及び家屋への甚大な被害が発生し、複数の市町村に災害救助法が適用されました。
 こうした状況をうけて、中央共同募金会、被災地の各県共同募金会では、被災された方々を支援するために義援金を募集しています。

『令和6年能登半島地震災害義援金』

義援金の募集方法は以下のとおりです。
1.銀行振り込み
詳しい振り込み方法、振り込み先については
赤い羽根共同募金 「令和6年能登半島地震災害義援金」の募集について(外部リンク)
を参照ください。
振込先口座、受付期間等の詳しい取扱いは、中央共同募金会、各被災県共同募金会ホームページに掲載している募集要綱をご参照のうえ、お手続きをお願いいたします。なお、受付期間等が異なっておりますますので、募集要綱は必ずご確認ください。

2.窓口に持参
山形県共同募金会 長井市共同募金委員会でも上記義援金の受付を行っています。長井市の赤い羽根共同募金義援金は長井市老人福祉センターでお受けいたします。
〈義援金窓口〉
受付場所:山形県共同募金会 長井市共同募金委員会
     (長井市老人福祉センター|長井市社会福祉協議会)
住  所:〒993-0011 長井市館町北6番19号(タスビル南隣り)
電  話:0238-88-3711
受付時間:平日 午前8時30分~午後5時15分

その他、ご不明な点があればお気軽に長井市社会福祉協議会にお問い合わせください。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

【ボラ活動支援】除雪機の貸し出しについて

  • <b>【ボラ活動支援】除雪機の貸し出しについて</b>

長井市社会福祉協議会では、地域の除雪活動を応援するために除雪機の貸し出しを行っています。ぜひご活用ください。

貸し出し対象
高齢者・障がい者宅等の自力での除雪が困難な世帯に対しての支援を行う自治体やボランティア等(団体のみ)

貸し出し期間
1回の貸し出しは5日間まで
(運搬は当方で行います。)

貸出料・経費・保険料
【貸出料】 無料
【経 費】 燃料補充のご負担をお願いします。
【保険料】 ボランティア保険加入経費は各自でご負担をお願いします。


貸出する除雪機
・中型除雪機(20馬力)1台
・小型除雪機(10馬力)1台
・アルミブリッジ(軽トラ用)

申込方法
電話にて問合せをいただき、使用する3日前までに申請書に必要事項を記入の上、長井市社会福祉協議会へ申し込みください。


その他疑問な点などがありましたら、長井市社会福祉協議会までご連絡ください。
2023.12.15:shakyo:コメント(0):[お知らせ掲示板]

【ボランティア募集】雪かきボランティア登録募集のお知らせ

  • <b>【ボランティア募集】雪かきボランティア登録募集のお知らせ</b>


長井市社会福祉協議会ボランティアセンター(以下、社協ボラセン)では、高齢者・障がい者世帯等の自力では除雪が困難な世帯を対象に雪かきのお手伝いをしてくださる方を募集しています。

都合がつく時間帯での活動になります。数時間でのご参加でも構いません。
「お手伝いしてみようかな」と思ったら、まずは社協ボラセンにボランティア登録をお願いします!



活動内容
・玄関から道路までの雪かき
・屋根から落ちた雪の片付け



活動時間
雪かき活動が必要な時
午前9時~午後3時までで都合の良い時間帯。

(平日、休日問わず。数時間でも構いません!)


活動期間
登録いただいた日から令和6年3月末まで



参加条件
ボランティア活動保険に加入している方。
※ボランティア活動保険の保険料は自己負担となります。(社協ボラセンでご加入いただけます。)
(基本プラン350円、天災地震補償プラン500円、特定感染症重点プラン550円)
 
活動までの流れ
  1. ボランティア登録を行っていただきます。

  2. 社協ボラセンでは集まった除雪ニーズ(依頼)をもとに、除雪日程を決定します。

  3. 除雪日程をボランティア登録者に連絡し、都合が合えば活動していただきます

  4. 当日は現地集合、現地解散をお願いしています。

ボランティア登録に関しては以下のリンクをご覧ください。
【ボランティア登録派遣事業の募集】


問い合わせ先
長井市社会福祉協議会ボランティアセンター
TEL:88-3711
FAX:88-3712
(窓口・電話 平日8:30~17:15)
E-mail : n-shakyo@cameo.plala.or.jp


その他、ご不明な点などがありましたら長井市社会福祉協議会ボランティアセンターまでご連絡ください。
2023.11.20:shakyo:コメント(0):[除雪ボランティア]