獅子宿燻亭2

獅子宿燻亭2
ログイン

「古民家メンテ」のサムネイル「11月の大風」のサムネイル「上弦の月下弦の月」のサムネイル「屋根塗り日和」のサムネイル「屋根でぶおぉ〜っ」のサムネイル

/本日、長井小学校獅子舞クラブの時間


視聴覚室の窓から見る中庭の紅葉は見事です・・早めの雪も一味加わりました


視聴覚室に入ると窓が空いていました


こども達が暑くて開けたようです

確かに冷たい外気が子供達の身体から発する熱気と午後まで溜まった暖房を中

和して程よい感じです



さて、今日は事の他に忙しい


ちょうど来週の朝会で行うクラブ発表の獅子舞の最終稽古

同日、今年度最後のクラブでの「第二回男女対抗獅子舞合戦」の最終稽古


更に、三年生のクラブ視察2クラスに対応


また、月末開催のこども芸術祭の獅子舞稽古など盛り沢山


その間も雪は降り続けます


男女対抗獅子舞合戦は昨年から行った企画で、こども達が再度

今年も希望しました


男子の黒獅子は獅子舞メインで稽古してきたので笛経験者皆無

女子の白獅子は笛太鼓メインでの稽古で来たので、もちろん獅子舞は未経験



面白い!


両チーム弱点を決戦日まで、どう強化していくか・・です

休み時間に自主トレしているとか・・



しかし、今日見た所では女子の適応能力や団結力が優っているようです

苦手な獅子舞は徐々に上達し進化中です

しかし男子の笛は進展無しです


この合戦に臨んで

こども達が、何を学んでくれるか・・・

楽しみ〜♪


あぁぁ〜しかし雪ヤンダなぁ〜



おやおやおや

ディスク容量がいっぱいで写真アップロード出来ませんって????

ということで、皆様長い間誤字脱字、乱調乱文で失礼致しました


本日、ついに「獅子宿燻亭2」も幕を閉じます

獅子宿燻亭2のリニュアル版「獅子宿燻亭3」をオープン

しましたので引き続きご愛顧願いま〜す
 

こちらをクイック願います
http://samidare.jp/shishi3/

「古民家メンテ」の画像
あぁぁ〜ゆぎふってきたはぁぁぁ〜〜

本日、ついに長井でも初雪を確認してしまいました

午前中雨が降ったり止んだりを繰り返してるのでナンダコリァ?と
空を見上げて気にしておりました・・気温は4℃で着込んでいるせいか寒さは
そう感じません


その合間に外仕事
玄関の板戸の防腐の塗装作業です

「クロピタ」という木材も鉄部もOKな塗料を薄めて塗布 
もったいないのでシャブシャブ

価格も安くてクレオソートより乾燥が早く、臭いも少ないのでお気に入り
ローラーや大小の刷毛で塗ったぐっております

西側にでかい馬そりを立てかけておりますが、下の方が雨だれがかかり
腐食してきたので、塗ったぐり・・

東側の三月の屋根落下で破損した可哀想な戸袋を塗ったぐっりました
後日修理してあげないといけませんな


本来、建物はマメに手入れしてあげないと、気がついた時は大きな破損から
多大な出費

ははは・・・理論的には分かるのですが、実践はし難い


さてと  今年も大ゆぎだべが?


茅屋根からトタン屋根にマイナーチェンジの獅子宿ですが
今年の冬は落下する雪の対応が心配しています

大工さんの見解では
トタンを葺たての屋根は積もって直ぐ、少しづつ柔らかい雪が落ちるから大丈夫との事です

茅屋根はつらら落下等で窓ガラスの破損の恐れがあったり

茅屋根は雪解けまで雪が落下しないのですが、雪下ろしに注意しないと
大変な事態になります  

もうなっちゃった訳ですが・・・心配は事足りません





 

忘れてきてしまっ

 

 

たっ!! 

 

文字を最大にすると迫力ありますねっ

最小では老眼の方はこの辺で読むのを止めるのではないでしょうか?

何事も程々が宜しい様です・・・

 

で・・

誠に申し訳御座いませんが

何時ものように写真はございません

ご心配無く・・携帯は見つかりました

明日お迎えに参ります

最近ニュースで猫も杓子も謝罪の有様で、こんな謝罪ぐらいでは

真実味有りませんね

写真無しの記事は初めてかな?・・・という記事でした

 

 

 

 

 


...もっと詳しく
「11月の大風」の画像

今朝は凄い突風と雨でしたね・・・


今年幾多の台風の襲来では、こんな暴風雨は無かったのに

考えてみると毎年のように11月から12月にかけての強風でビニールハウスが

破れ多大な費用と労力を強いられている

みぞれの中ぐちゃぐちゃドロドロになり破れた個所をブルーシートでしのいだ

り自然の脅威に散々な目にあっている・・



ところが一昨年、一般的な農業用ビニールから丈夫な「タフガード」に変えて

からもっているねぇ〜技術の進歩です


しかし、今度は雪の重みで鉄骨がヒシャゲてハウスの中部がビッタラコクなり

中から細木でツッカエ柱にして持たせている現状

まぁ〜脊髄損傷ながらビニールハウス倉庫は健在です




さて今日も昨日に引き続き東側の片付け・・

ここ二三日・・茅屋根の補修の為の足場に使った細木の処分作業です


以前は野焼きによる処分でラクチンでしたが、そうもいかず・・

チェーンソーで短く切って縛って囲炉裏の薪に保存



今日はこのゾーンの片づけ最終作業になりました

半日かかって完了してスッキリ

・・・辺りの澱んでいた空気が今日の突風で吹き飛んだよう







 

「上弦の月下弦の月」の画像
振り返ると

宵闇迫る西の空に、三日月がポンと浮かんでいました

右下が光っているので下弦の月と思いきや・・

弓の弦の向きが上なので上弦の月と云うらしい


月の加減 いとおかし   


真っ暗な東の空は、もう満点の☆星が輝いて放射冷却が促進しています


ロマンチックな川柳を見つけました


逢いたいの
下弦の月に
我が身乗せ


上弦では字余りなので下弦にした加減が素晴らしい♪
宮崎 遥さん作


あの宵の
君肌恋しや
神無月

これは三流作家作



今年の月は実に綺麗ですね〜何故かな〜

PM2.5の影響!?


「屋根塗り日和」の画像
屋根塗り今頃が?!

・・と突っ込まれるかも知れませんがショウガナイ


昨日・・塗料を仕込み四時ごろ試し塗りしたのが仇

今朝がた見てびっくり

あれっ? 屋根に霜かな?と見間違うばかりに昨日塗った黒の塗装した

屋根が白い


日が落ちて急激に気温が下がり塗料が白露現象


恥ずかしいので目撃される前に塗り直し致しました・・・今度は大丈夫


これこそ失敗の隠蔽


強いては事を仕損じる・・ですな





11月の全国的な快晴の日差しのお蔭でペンキ塗り作業ははかどり完了





作業中、隣の畑の白菜の収穫がお盛んなようです

しかし、葉っぱ散らかす収穫作業だなぁ〜





白菜美味そうだなぁ〜

白菜漬けの生姜醤油はこれから旬

毎日戴いております
「屋根でぶおぉ〜っ」の画像
本日・・いよいよ高圧洗浄機の出番です

昨日、この車輪の付いた四角いマシーンを調達


紐を引いてエンジンを始動・・

一回二回失敗 寒いからね〜

チョークを引いて気化したガソリンにこどい酸素を加えます


タンクに水道水を貯めまして

そのタンクから四角いマシーンのチューブから

ちゅー――ッと吸わ引き金を引きますと

機関銃からぶおぉ〜っと高圧の水が吹き出て参ります


そして消防士みたいに噴射しトタン屋根を撫でてやると汚れが取れる事になり

ます


しかし高圧の水が古民家の土壁に吹きかかると壁も流れて逆効果


ホドホドに・・


しっかり汚れを落とすならヤハリ、デッキブラシで擦った方が良いかも


向かいのお宅が何年か置きに業者に依頼してこの作業をやってました

楽しそう・・と

一度体験したいな考えておりましたが・・・あまり楽しい作業ではない



さて天候が良ければ遅い屋根塗りの作業に挑戦致します


その前に塗料買わないとな



こんなに屋根錆びてんの
「文化祭準備に乱入」の画像

明日文化の日ですね

伊佐沢コミセンに獅子頭を乱入・・・

毎年地区文化祭に展示させて戴いて恒例です


到着からオオヨソ3分で軽トラから会場設置し記念撮影まで完了


中サイズの総宮系獅子頭と白鷹町小山沢七星神社 長谷部吉四郎作の摸刻を

展示させて戴きましたが・・ずいぶん場所を取ってしまいました

工芸舎 獅子宿 の毛筆の達筆に感心しながら獅子宿に飛ぶように帰還して

急いで蕎麦打ちです


11月の雲一つ無い快晴は貴重ですね〜

気揉める

というのも・・

とあるお祭りお兄さんから朝一番で高圧洗浄機をレンタルしてきました


あの、よく車を洗う時に使う勢い良く水が吹き出るマシンガンです

トタン屋根の塗装の為に洗浄せねばなりません


小手調べに八尺大獅子の小屋根を洗浄

トタンの折り目に茅がこびり付いて飛沫に引き寄るように隙間から

茅クズが出てくるわ出て来るわ

明日も次のショバを洗浄致します



午後から西蔵王の稽古場に

展望台から見る景色は見事・・・大パノラマ

月山の頂は白く、朝日連峰のシルエットは壮大極まりなく広がり

靄は山々のグラデーションを引き立てております


締め太鼓を打ちながら窓越しに小春日和を満喫しておりました

とことことことことこっこ・・とこ

・・規則正しくリズムを維持するって本当に困難ですね〜


邪念を思い浮かべると直ぐに乱れます


ややややや〜四方山師匠の大太鼓模範演技です








 

「ブラ〜ック」の画像
ブラック・・企業と呼ばれるかもしれません


風化して朽ちてしまいそうな戸板を黒く塗り始めました

褐色からグレーに色が抜けて味わいのある色合いですが

数年するとまた元に戻るのです



タール系含有の塗料は正露丸の様な燻臭さ・・・スモーク臭は好きですね

杉の戸板はスカスカのスポンジ状に風化しているせいか、塗料をいくらでも吸

い込んできりがありません


木材は地面と接した部分から早く腐ります

防腐塗料で寿命を延ばす訳です


ちょっと試に黒で塗ってみると家の表情が締まってきて驚きます

身近で見慣れた家の風景も変わって見えます

障子の白と板戸の黒のコントラストが増して凛とした顔つきになってきました


明日は古びて錆びたトタン屋根を洗います


「外仕事ならず・・雨で」の画像
外仕事ならず・・雨で

もう11月  もう直ぐ雪降って参りますな


獅子宿激動の年も幕を閉じようとしております・・・あと二か月


振り返れば今年三月の屋根落下事件

屋根をなんとかするまでハラハラドキドキ・・・

この場ではお伝えしかねるシーンも多々ありました〜






考えてみると・・

皮肉にも、屋根落下事件は茅屋根維持の踏ん切りの切っ掛け


失う事は・・新しい出会いを生むのですね


これからも新しい出会いを求めては紆余曲折しなくてはなりませんな




・・・ということで一日工房に籠り  ぺたぺた ぺたぺた

獅子頭のアゴの仕上げ塗りを行いました




さて写真をご覧下さい

最近、この桐材の獅子を眺めてはコリコリ・・

眺めてはコリコリ・・・小刀で憤怒の表情を象っております

乾燥して大分軽くなってきました


あらっ?

屋根にぱらぱらと降り注ぐは、また外に遣らずの雨

降っては止んでまた降って


あらっ?

響き渡るは・・隣の酪農家の茂さんが重機を鞭打つ振動


ますます秋は深まりますね・・・古い暦ではもう冬です


あらっ?

もうこんな時間

笛の稽古しなくては・・・
 

  
 




「枝垂れれれ〜桜〜♪」の画像

快晴の秋空の下

朝一番に穴掘り・・ざくっ ざくっ ざくっ・・・っと

剣スコが地面に刺さる不気味な音があたりに響きます


日曜日 山形の出羽園で値切って仕入れて来た枝垂れ桜を早速植樹
 

愛車の軽トラで運搬

 

来年の四月に花咲く事を期待して・・・ざくっざくっと土を掘る

正直・・少〜しだけ

大判小判が出て来るのではないかなぁ〜と期待して


しかしココ掘れワンワンは省略したので魑魅魍魎どころか何も出ず

期待外れ・・


汗が出たくらいで植樹は完了


ところが

枝垂れ桜ちゃんの背景が気になり隠蔽工事をすることにしました


トイレのファンには古い看板をぶら下げ隠蔽

プロパンガスのボンベーはあっさりとヨシズで隠蔽

隠蔽するのって本当に疲れますね〜

ありのままが宜しいのですが・・・

隠蔽は隠蔽を重ね墓穴を掘る事になりますね




昼間停電・・・・伊佐沢限定の原因不明の停電とか

でっ!

 東電の長井営業所に連絡しようとしても繋がらずイライラ

営業時間中 一時間停電ですわ

ろうそくを探して対応・・・燭台手作りして

 

店内一足早いクリスマスのごとし


モーロ人こぞーりて♪  

さて
きぃ〜よ〜し〜この夜〜♪ と 今晩は長井篠笛愛好会(仮称)の稽古始め開催です

今日は童謡「赤とんぼ」を稽古

良いですね〜♪ 心が洗われる

汚れたオジサンの心に沁みいるような名曲を奏でました

ミソギ?
















 

「締め太鼓初挑戦」の画像

トコトコトコトコトコトコトコ・・と

 

山形 四方山会の太鼓の稽古です

拝借した衣装返還もあり西蔵王展望台にあるお稽古場にお邪魔しました



獅子舞の太鼓と違い、足を前後に伸ばし腰を低くしますが

長井の昔言葉で「ハンバガル」って言いますが・・


それが太ももにキマス


両手を少しハの字にして打つ訳ですが、真っ直ぐ上下せずバチがバチバチ

接触して合いの手を打つよう   

わたくしだけ・・・トコ トコ ガチャガチャ トコ〜コ トコ ガッ



基本の打ち方を学び、秩父屋台太鼓の稽古

同じリズムをずーーっと継続する難しさ・・

打ち方によって音が籠ったり抜けたりと目からウロコでした


チカラの入れ過ぎでしよう 

今日は少し胸の辺りのお肉が疲労を訴えております



昨日篠笛の会発足をお知らせしましたが、併せて太鼓も取り組んで

行けたら良いですね・・・


来月、ねぶた笛を吹く場が出来そうです

チャンス到来〜!!!








 

「篠笛の会・・会員募集」の画像
長井市で篠笛の会・・・篠笛愛好会なるものを立ち上げています

そこで会員を募集致します

この度、長井の民謡の重鎮お二人を味方に結成致しました

会名はまだ未定


当座・・長井市勤労センターを拠点に月二回の篠笛の稽古を行います

まだ確定していませんが隔週月曜日の7時から開催します

明後日28日が第1回の稽古を予定です

講師のお一人方はそもそも尺八がご専門で篠笛も嗜まれます

またお一方は民謡と締め太鼓と獅子に金棒

私は獅子舞の笛太鼓に念仏踊りの笛、阿波踊りの笛にねぷた笛・・とお祭り専

門ですが邦洋楽にチャレンジです


第1回は童謡「さくら」の稽古から始めます

笛は六本調子七穴で行いますが、お持ちでない方は少数ですがお貸し

出来ます・・・追ってご自分の愛用をご購入戴きます


民謡、童謡、洋楽、クラッシック、ジブリのアニメの曲など楽しく稽古

機会あらば発表会などでご披露出来たらと考えています


篠笛未経験の方も大歓迎・・・一緒に篠笛を楽しみませんか?


お問い合わせは獅子宿 渋谷 携帯まで 090 6221 6129でーす


しかし様々と笛だけ・・に増えましたなぁ

これぞという笛に出会うまで紆余曲折・・・高い授業料

「安物買いの銭失い」のことわざ通りでした

「横着は発明の父」の画像


なかなか寒くなりましたね

秋から晩秋へと季節は移ろいます

「実はストーブが引退したい」と駄々をコネて作動せず

暫く朝晩の寒さに一同震えておりましたが、ようやく説得の介あり

イヤイヤながら勤務し始めました

購入してから20年も経つと我がままになるようです

ついでにスマホのレンズも老眼を患ってピントがボケて参りましたので

ご了承下さい


毎年

厳冬期になると居間には二つの出入り口があり、開けっ放しに関しての

イライラが問題になります

自分が原因の場合は気にならないのですが、自分以外だと不思議とイライラし

てしまうのが世の常 人の常・・・

そこで!!

灯油高騰 地球温暖化エコ対策として以前ご紹介させて戴いた

重力式エコ自動ドアをご紹介致します


前回は引き戸タイプでしたが今回は研究に研究を重ね洋式ドアタイプ

で御座います

まぁ〜実のところ引き戸タイプ型に?型のフックを付けただけのもの


本日は無料でそのレシピをご紹介してしまいます

用意するもの

  滑車 

  (ホームセンターで販売)我が家はお手製の木工ろくろで加工した物を

  使用しています

  フック ・・・ドアに紐を取り付けるため

  ペットボトル500ml・・水を入れて重さを調節してください

  紐・・・90cmほどの切れそうもない紐 我が家き麻紐を使っています


材料はたったこれだけ

  開けるのは人力ですが閉める事の煩わしさから解放されますよ

  夏は開けっ放しでも大丈夫ですが

  冬は暖房している部屋の暖気をなるべく逃がさぬようの対策

  となる事間違い無しです  

  見かけはおバカですが電気も使用せずエコでも有りますしね


ただし・・引き戸の場合建て付け悪く滑りの悪い引き戸にには効果はのぞめま

  せんので悪しからず


  失敗は発明の母・・・横着は発明の父でご座居ます

  トウビン戸・・・


「片付け」の画像
苦手な片付けに奔走しております

後でやるべぇ・・・と後回しにしてきたツケが原因かと思います

獅子宿の軒下周辺は屋根工事の余韻で茅の残材がまだ残っています

意を決して整理整頓



栃の板を積み重ねていた所があります

製材して十年も経ったでしょうか

テーブルの天板にと製材したもの

長さ二メートル幅1メートルの大物も数枚あり、風で壊れかけた屋根から足が

出て朽ち始めている所もあり茅を処分し広くなった軒下に移動すし立てかける

事にしました


大物は二枚で軽トラのタイヤが押し潰れる程ヘビー級

でも100舛鰐気いな?


汗だくで移動・・・スッキリ! 爽快

何回も眺めてはスッキリさに満足

こういう快感もあるんですね


ところがスッキリした所の後ろのプロパンボンベとパイプが目立ってきました

ここを何とかしなければ・・・電柱はしょうがないけど


成功達成の喜びって病みつきになります

考えてみると自分の行動の根源となっているような気が致します


昨夜もYoutubeでお好みの懐メロを篠笛で吹き始めと止まらなくなり

気が付くと12時過ぎ

家族は呆れて寝静まっておりました


さて・・・今日は早々と(私にしてみれば)雪囲いに着手

製材所に端板を調達に参ります
powered by samidare
powered by samidare