食料補完計画

先の記事『屋久杉玉磨き&おとのわ-祝詞&クリスタルボールライブ』の案内をみて、コンサートの会場が「青麻神社」となっていた。
読み方が分からなくて「青麻?=あおま」って何だろうと調べてみたら「青麻=あおそ」と読む事が分かった「あおそ??」何処かで聞いた様な名前、、、思い出したみたら私が長い事お世話になっている職場の駐車用の片隅に生えている「葉っぱが大きくて背の高い雑草」の事ではないか。

毎年毎年肥料もやらないのに背丈を超える大きさに育ち、駐車場の一角を覆い尽くし何度苅っても根性で生えてくる厄介者である、昔は草の繊維使って生活用品を作る原料にしていた、と聞いた事が有った。

不思議な御縁である。

ネットで調べていたら、地元山形県の大江町に「青苧(あおそ)復活夢見隊」なる熱血団体を見つけた、これも何かの御縁かも知れない。
リンク先です
http://aosofukkatsu.com/index.html

ご無沙汰して....
shibuchinさん こんにちは。ご無沙汰しておりました。

そのあいだに、
記事を何本もアップされていらして、幾つかの記事の中のこちらに書き込みさせていただくことにしました。

いつもの夏なら我が家の近くの地名が聞けるはずでしたが
今年は梅雨、夏、梅雨、夏。二十日位の周期で、例年の夏の恐ろしさを味わず・・でした。
それは良かったのですが、
shibuchinさんのところに伺う機会ができぬまま、
すっかり秋になってしまいました。

「熊谷」とか「館林」とか 夏には聞かれたことがあるかと思います。その辺りに住んで35年たちますが、今年ほど変な夏は無かったと思います。(26歳で永久就職・笑、全うできそうかな?)

そのようなわけで、ご無沙汰になってしまいました。

こちらの記事の「青苧」ですが
福島県会津のパンフレットで「からむし織」を見たことがあり、昭和村に600年からの歴史が残されているらしいですね。
是非 山形大江町も長く続くとよいですね。

北海道のアイヌ民族もイラクサを茹でて食べたり、生活道具の糸として使ったりしていた。何年か前知ったので、こちらの記事に生活で歴史がとぎれずに存在している事が素晴らしいなあ、と思います。

「真砂」の話もしたかったのですが、次回にしたいと思います。
では、すがすがしい秋の風やすすきや夕陽がより美しい季節ですよね。北○○のニュースを気にしつつも
自然を満喫して、気持ちよく暮らせますように・・・


2017.09.09:真砂:修正削除
こんにちは。
真砂さんこんにちは、お久しぶりです。

確かに今年は雨の多い夏でした、異変と言えば爺ちゃんが植えたサツマイモが葉っぱばかり旺盛に茂っている割には芋が殆ど付いていません、近所の農家でも同じ様な事が起きているとか、天候によるものではないか?と云う事でした。

また、このごろは「クマ」の目撃が相次いでいます、早朝に町の広報車が廻っていましたが良く聞いてみると私の町内が含まれていました、爺ちゃんは自分の畑のトウモロコシが動物に荒らされていたので「クマではないか」と疑っていました、側の果樹園のスモモの枝も折られたとの話が有りました。

特に8月は大きな事件が有り、精神的にも落ち込んだ感じが有りました、そんな気持ちに応援したくれたのでしょうか?「あわ=気泡=希望」の記事は、そんな気がしています。

「青苧」の話もそうですが、何かしら「原点に返れ」みたいな流れが有るのかもしれませんね。

「真砂」の話題ですか?「古墳の形」の記事も「須田 麻紗子」さんの著書が切っ掛けでした、ホツマツタエでは「諱・いみな、称え名」が有り、その人の人生に深く関わっているものの様です。

キャビン部分を取り払った「ツリーハウス」は展望台みたいです、ゆったりした椅子に座って景色を眺めるのは気持ちがいいですね。

またお越しください。

2017.09.11:管理人:修正削除


▼コメントはこちら
名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。