食料補完計画

ここ暫くの陽気で畑の雪も殆ど溶けてしまった、夜明けが早くなったので今までより早く起きて畑仕事の準備を始める事にした。

まだ作付け計画は未定だが今年は土手の草をマメに刈ってみようと思う、土手の多い地形なので畑全体を公園風に手入れしてみるのはどうだろうか、毎年の草刈りで度々「石」に刃が当たる、草が伸びて「石」が隠れてしまう前に拾っておくことにしたい。

2006年から長年使ってきた「EDE七号機」こと「ホンダ製4サイクルエンジン搭載の刈り払機」(メニューのEDEシリーズ参照)の調子が悪い、少しいじってみたが原因が分からない、修理に出すか新しく購入するか検討中である。

2017年、「17」は何か新しい事が始まる、そんな期待が高まってくるぞ。
いつもブログでお世話になっている方が昨日は「親指の聖母」の肖像画と隠れキリシタンの由来を記事にしていた。
夜、気になっていた番組が有ったので見ていたら隠れキリシタンの子孫の方が岩室の前で祈るシーンが有った、「右手の親指を上にしてこう手を組んで」と?親指?その人は鮮やかな青色のジャンパーを着ていました、これって「親指の聖母」にそっくりです、急いで携帯で撮影してしまいました。

あゆーむでは、4月1日から「イコンの道」の展示が行われています。
何故4月5日なのか?不思議なタイミングです。

「探検バクモン・DEEP INSIDE. 長崎・隠れキリシタンの里」

「かくれキリシタン」の歴史が息づく長崎市・外海へ。江戸時代の禁教政策を乗り越え、信仰は今も続く。神秘的な山里に眠るお宝を巡り、“人間の密かな祈り”の裏側を探る!
江戸時代のキリスト教弾圧の下、密かに信仰する人々が集まり住んだ長崎市・外海。「かくれキリシタン」と呼ばれる人々が今も暮らすその山里で、地域のお宝を探る!人目を忍んで集まった“祈りの岩”や、墓石に残る“ある風習”。民家で偶然みつかった“マリア観音”からは厳しい現状が。子どもが皆知る、宗教の壁を超えた“スーパースター”とは?世界遺産への推薦や映画化で注目が集まる禁教の歴史から、人間と信仰の関係に迫る!
【司会】爆笑問題,【出演】サヘル・ローズ,【語り】木村昴,島本須

「オラショ・かくれキリシタンの祈りの言葉」は「ラテン語」「ポルトガル語」「日本語」などが混ざっており口伝で継承されてきた、意味はわからない」と語っていたのが印象的でした。

「 DEEP INSIDE. =イコン=意根=根源の意思?」
「icon=アイコン=愛根=愛の根っこ=愛の根源」
「icon=アイコン=愛魂=愛の魂=魂は愛だ」
「こん=魂=紺=根=痕=今=、、、」
「紺=根=藍=愛」
          色々有るぞ!。

知恵袋より

「藍染め」というのがありますよね。
タデ科の一年草で葉や茎は青色系の染料に用います。
染め方は藍瓶に浸けるごとに白い繊維の色が濃くなるわけで、その濃さで名前が変わってきます。
一番最初が「瓶覗き」・・・オフホワイトで殆ど色がついていません。
次が「浅葱」(あさぎ)その次が「縹」(はなだ)、花色とも呼ばれます。
そしてその次が「藍」(あい)。藍の次が「紺」(こん)となります。
紺よりも濃いのが「黒紺」、もっと濃いのが「留紺」と呼ばれます。
つまり「紺」は濃い藍色という事です。

「紺色」の方が「藍色」よりも濃い様です、「愛よりも根(こん=今=いま)の方が深い?」

「心身の神癒」
第一話
2 愛は全宇宙の中心である。この中心より絶えざる愛の流れがすべての魂、生きとし生けるものを通じて流れている。花々を通じ、動物たちを通じ、人間と天使たちとを通じて、この愛が中心の泉より絶え間なく流れ、愛自身の相(すがた)を永遠に表現(あらわ)している。
51 あなたたち自身が久遠に実在し常在する神の分霊(キリスト)、すなわち神の心の裡なる、生かしかつ創造する力であることを真に知るならば、時間や空間など有る筈がないのである。
52 あなたたちは時間も空間もない状態に到達し、自分の魂の中に宿り給うあなたたちの種なる神の完全さの中に入ることができるのである。主こそ、およそ実在する唯一の力である。I am(わたし・神我)は主(the Lord)である。


「根=今=いま」?「今・この瞬間」

第三話
30 各人は、自分の未来を、現在における想念と行為とによって形成する。『今』が常に現在である。『今』においてのみあなたたちは創造することができるのである。未来においても、過去においても創造することはできない。

「根=最も深いところ」「今=全てはこの瞬間だけ」「絶え間なく愛が流れ出る中心の泉」は「父なる神」ということでしょうか。

 
こんな記事も見つかりました。

Apple創業者のスティーブ・ジョブズがMacworld Expo2002で基調講演、「液晶画面のiMac」と「iPod」を発表、「iPod」はその後の「iPhone」「iPad」に続きネットやパソコンの世界を大きく変えて行きました。

ジョブズがApple社にいない時に始めた会社が「ピクサー社」でした、今、世界的に大ヒットしているディズニーなどのアニメ映画の礎になっています。

昨日はディズニーの新作アニメ「モアナと伝説の海」を観てきたのです、何だか不思議なシンクロを感じてしまいますね。

今日は20日は「春分の日」であり、「お彼岸の中日」です。

追記
「iPod=アイポッド=私の壷」?

「ホツマツタエ」では「壷」は「宇宙=子宮」を意味しています、東洋医学では「ツボ=治療のポイント=大切な場所」でもあります、ならば「アイポッド=愛の壷(ツボ)」とは何でしょうね?とっても意味深な感じがしませんか。

「17=1〜7=ひな=雛(まだ一人前になる前)」「17=1+7=8=八=末広がり=鉢=器=壷」にもつながる様です「8=∞(無限記号)」、「子宮」は赤ちゃんを育む場所です、限りある命が「無限の命を伝える場所」なのかも知れませんね、不思議ですね「17」は。
ネットで検索したらこんな記事が見つかった、7月17日は「国際絵文字デー」、なんと日本生まれでした、文字が読めなくても意味が伝わる絵文字が世界をつなぐ?記事の一部を載せておきます。

7月17日は #WorldEmojiDay 。iPhoneに収録されているカレンダーの絵文字が「7月17日」であることに由来しているそうです。日本のケータイで発祥した絵文字が世界共通の「文字」になっていることは、感慨深いものがあります。

GoogleのUnicode化の活動、iPhoneでの絵文字キーボードの日本語以外の環境への解放など、スマートフォン時代になって絵文字が「emoji」として海外に一気に拡がった経緯があります。絵文字のWikipediaである「Emojipedia」が、World Emoji Dayを呼びかけています。

最近では、Instagramなどが絵文字ハッシュタグに対応したり、iPhoneの絵文字キーボードでは人に関連する絵文字で人種多様性に対応したり、日本偏重だった食べ物類に、ベーコンやアボカドなどの食べ物の追加が検討されるなど、順調に絵文字文化の国際化が続いています。

ちなみに、「セルフィー」を意味する絵文字も追加案にあるそうですが、これは結構便利かも知れません。

とはいえ、機種依存文字で、盛り上がりに偏りも

さて、7月17日がWorld Emoji Dayだ、と言われて「ホントだ!」と思ったのはおそらくiPhone・iPad・Macユーザーに限られているはずです。というのも、カレンダーの絵文字が「7月17日」を示しているのは、Appleのデバイスだけだからです。

Androidでは特定の日付を示していないものが多く、Twitter上の絵文字は7月15日を示しています。微妙な2日違い。これは、Twitterが2006年7月15日にスタートしたことに由来しているからです。
友達にiphoneからメールを送っていて気が付いた、何故用意してある絵文字イラストのカレンダーの日付が「7月17日」だけなのだろうか?誰か理由を知らないだろうか。

これって偶然すぎないか?。笑

7月17日には何が有る?
気になって「千手観音」を調べてみたら、思いがけず近くに見つかった「深山観音」の本尊様らしい、文章で表現しにくいので思い立った情報を画像にまとめてみた。

「音・歌・言葉」と「波動と意味」つながりの様なイメージが有る。

「三位一体」は「天人地」で「天と地の間に人がいる」関係?。

「ホツマツタエ」で言う処の「あ=天、や=人、わ=地」みたいな関係が有る様に感じてくる。
「天=・=キリスト=見えない世界」
「人=仏教=見えるものと見えないものが合わさっている=仏=自分の鼻を示しているらしい」
「地=神道=見える世界」

見え方が違うけど同じものなのかも知れないぞ!

「縁と緑」は「糸=いと=意図」つながり?父なる母なる神の意図、想いが込められている?。

中島みゆき「糸」の歌詞、「何故巡り会うのか、いつ巡り会うのか」縁の歌ですよね。

「17」には何か特別な意味が有るのだろうか?。
今朝の散歩の時に撮影した「山の神様」と「御観音様」のツーショット画像、奥の「山の神様」のお祭りが3月17日、「観音様の縁日」が毎月17日、そしてキリスト教の「聖パトリック祭日、緑の日」も3月17日でした、何だか何処かでつながってる感じがしてきます。

そして今日は「彼岸の入り」もしかして「悲願の入り?」長い間切望し続けていた願いが叶うのでしょうか、背景は「松の緑=待つの実取り=待っていた収穫」だったりして、もうすぐ春です。
今日は3月17日、は地元の「山の神様」の祝日(約300年前の今日に奉納された記録が有る、その頃は旧暦だったと思うが)である、朝の散歩にはまだ雪が残っているが、何とかたどり着いて手を合わせてきた、「3月17日」この日が色々な???の始まりでもありました。

仏教では
2017年3月17日は彼岸の入り。(お天気ドットコムより)
彼岸とは仏教の言葉で迷いに満ちたこの世((此岸)に対し、悟りに到達した理想の世界を指しています。お彼岸に先祖のお墓参りに行くようになったのはこのためです。
春分や秋分の日がお彼岸となったのは西に仏教の説く極楽浄土があると考えられ、この日に太陽が真西に沈むことによります。

千手観音菩薩 の縁日- 毎月17日

キリスト教では
聖パトリックの祝日(せいパトリックのしゅくじつ、英: St Patrick's Day、セントパトリックス・デー)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。
緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。特に、シカゴのシカゴ川をフルオレセインで緑色に染め上げる風景は有名。またシカゴ市警察では着用する警察バッジを“緑の三つ葉”入りの特別な物にする。 アイルランド系やカトリック教徒以外の者も参加することが多い。

神道では
地元の「山の神様」の祝日

以前、お世話になっている友人のお坊さんに「毎月17日は○○の日だ」と聞いた事が有った、ふと思い立ってメールで問い合わせてみたら「毎月17日は観音様の縁日」との返事が返ってきた「縁日」??「縁日=緑の日」(緑と縁の字が良く似ている、パソコンでは字が小さいと同じ様に見えてしまう)?そう言えばGoogleのバナーが何故か緑色、クリックしてみると「聖パトリックの祝日」で「緑の日」とも呼ばれているとの事?「緑日つながり」である?。

書きながらこんな歌が浮かんできた「♫巡る巡るよ時代は巡る 別れと出会いを繰り返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩き出すよ」今は対立している様に見える人々や国々も、過去には何度も出会いや別れを経験してきたのかも知れませんね、「縁日」また新しい出会いが、でももしかしたら以前に何処かで出会っていたかも知れません、きっとそうです。感謝

「ここで会ったが百年目」、「縁日」が「怨日」にならない様にしたいですね、意味深な彼岸の入りです。
11日から12日にかけて、息子はスキーのクラブで一泊の蔵王スキー体験に行ってきた、親元を離れての宿泊体験は始めてで緊張していたのか時々目が覚めて眠れなかったと言っていた、蔵王は両日ともとても良い天気だった様だ、来年も参加希望らしい。

小遣いを持っていったので、何を土産に買って来るのか楽しみにしていたら??「玉を持った起き上がりコボシの招き猫」「龍がデザインされた勾玉のキーホルダー・さくらんぼの描かれた勾玉のキーホルダー」「龍のデザインの剣のキーホルダー」である、??何で「三種の神宝」のうちの2種類なんだろう?後で聞いてみたい。

山の神様、スキークラブのスタッフの皆さん、蔵王スキー場でお世話になった皆さん、有り難うございます。感謝

「三種の神宝」のうちの「鏡」が有りませんが、「剣」を鞘から抜いてみると「鏡の様なピカピカの刀身」が出てきます。

「鏡=逆に映る=敵対」の意味も有るのでしょうか、「剣=武力」は持っていても鞘の中に納めておく様に?、そんな意味が込められているのかも知れませんね。

「ホツマツタエ」では「剣」は元は「矛=ほこ」だったようです、「矛」の原型は「武器」としてではなく「機織りの時に糸が絡まった時に差し入れて絡まりをなおす道具」であり「問題を解決する意味の象徴」でも有った様です、また「さかほこ=逆矛=自業自得=自分の行いが自分に返ってくる=天につばをする様な行為を戒める」意味も込められている様ですが、時代が移るに合わせて「力で制する」意味の方が強くなったのではないのでしょうか。
...もっと詳しく
確か雪の溶けた場所に小さな花が咲いていた、気になって職場の近くの雪のないところを丹念に調べてみたら、有りました、本当に小さな紫色の花です、3ミリくらいでしょうか。

調べてみると「コゴメイヌフグリ」の一種ではないかと?。

「コゴメイヌノフグリ」(小米犬の陰嚢)はゴマノハグサ科の花?何だか随分とユニークな名前ですね、誰が名付けたのでしょう。

どうやら「種の形」が「犬のフグリ(陰嚢)に似てる為らしいです、「犬の金玉」ですよ。

ネットより

・胡麻の葉草(ごまのはぐさ)科。
・学名
  Veronica cymbalaria Veronica : クワガタソウ属

 Veronica(ベロニカ)は、キリスト教の聖者「Veronica」
 に対して捧げられた名。
 

花言葉は「つつましやか」これは解る様な気がしますね。
今年もひな祭りの時期がやってきた、婆ちゃんも忘れていたらしく「おひな様」を飾るのが遅れてしまい撮影したのは4日になってしまった。

我が家の「七福神」をメインにしたひな飾りはもう何年になるのだろうか、「姫だるま」のおひな様が我が家にやってきたのは私の妹を祝ったものだと思われる、そう言えば妹の一人娘は2月生まれでひな祭りの時期にちなんだ名前、今年は念願だった「ディズニーランド」は行ってきたとの事でした。

ここ数日のよい天気で、積もっていた雪も随分と溶けてしまいました、固雪を渡りながら雪解けの地面から覗いていた「ふきのとう」を3個収穫、雪ノ下では春の準備が整っています。
徐々に日の出の時間も早まって来ました、雪のある時期は朝6時頃に散歩に出掛けるのですが日の出前に家に着いてしまいます、今朝は天気が良かったので一旦家に入ってベランダから見てみると丁度杉の木立の後ろに見えました、慌てて外に出て久しぶりにご来光を撮影する事が出来ました。

雪も随分と溶けてきました、もう少し溶けると「固雪渡り」が出来る様になります、日当りの良い土手も土を覗かせてきました、春の足音が急速に近づいてきました、気持ちいいですね。

...もっと詳しく
雪不足で開催が危ぶまれていた小学校のスキー教室だが、直前になってのドカ雪で無事に開催出来ました、今回はスタッフが体調不良で足りないとのこと、例年はスキーの運搬を担当しているが急遽私も指導員として参加することになった。

丁度9時頃だろうか、開会式の時太陽が白鷹山の後ろに位置しており、まるで後光が射しているようだった、2度行われたスキー教室は、けが人や休んだ子供も無く無事に終了することが出来ました、子供達は上達も早いですね、楽しいスキーが出来ました。感謝
今年の成人の日は1月9日でした、以前は15日が成人の日でこの日に大きな火を焚く「ヤハハエロ(さいとう焼き)」が行われていた様に思います。
この時期に合わせて、家の中には「団子さげ」を飾ります、ミズキの木の枝に団子やふ菓子で作られた鯛や恵比寿様、ひょうたん、米俵、小判、などなどを吊るします。

今年は息子が学校に行っている間に、爺ちゃんと婆ちゃんが飾ってくれました。


今日は1月13日の金曜日です、13日の金曜日は何故縁起が悪いのか、、、?諸説有る様です。

Wikiより
13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。
「イエス・キリストが磔刑につけられたのが13日の金曜日とされ、キリスト教徒は忌むべき日であると考えている」という俗説があるが、正しくない。
忌み数の13と関係がある。

13という数は聖書でも特別な意味を持っている。イエスを裏切った弟子であるユダは、最後の晩餐で13番目の席についていたとされており、ユダが13番目の弟子であったする説もある。またキリスト教圏の俗信において、イエスが処刑されたのは金曜日であるとされており、13日の金曜日を題材にした映画が大ヒットしたことで世界中に知れ渡ることとなった。

キリスト教徒では無くても「13日の金曜日」と言えば「チェーンソーを持った仮面の殺人鬼ジェイソン」こんな映画が思い出されます、人類もチェーンソーで沢山の木を切り倒し森を壊してしまいました、森の破壊はそこに住む生き物たちの破壊につながります。


ちなみに今夜の「ゴールデン洋画劇場」は「風の谷のナウシカ」が放映されます、、、何故このタイミングで??ですよね「1984年3月11日公開」今日は1月13日で「311と113」で反転しているぞ。

「その者 蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。 失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん」。 

大婆様
「なんといういたわりと友愛じゃ。王蟲が心を開いておる。子供達よ、わしのめしいた目の代わりによく見ておくれ。」
少女
「ひめねえさま、真っ青な異国の服を着ているの。まるで金色の草原を歩いているみたい。」
大婆様
「おおお・・、その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。古き言い伝えはまことであった。」


昨晩、先頃録画しておいた「アポロ13号のドキュメンタリー」番組を見た、話の中で、「アポロ13号が打ち上げられたのは1970年4月11日、米中部時間13時13分、事故が発生したのが2日後の13日」だそうである。

アポロ13号の打ち上げが「13時13分」なのは偶然ではなく「13にまつわる忌み嫌われる迷信を払拭したい」そんな思いが有ったらしく、あえてこの時間に打ち上げを決行した様な事が語られていました、そして絶体絶命の危機を乗り越えて無事に地球へ帰って来たのです。

この危機への対応の鮮やかさにより、13号は「成功した失敗 ("successful failure")」[3]、「栄光ある失敗」などと称えられた、と書かれています。

ふと思いついた事をまとめてみました「災い転じて福と為す」希望の時代へのメッセージで有って欲しいものです。