ローズヒップ愛好会・山形

▼冬のお肌手入れはローズヒップオイルとローズヒップティー

※琥珀色の綺麗なオイルです。
原料純100%使用ヨーロッパでは手術後の傷跡に塗って傷を速く治しています。

※オイルはお子さんにも大丈夫です。ヨーロッパでは病院で傷口の痕の治療に使われております。

・肌がいつもかさついている方
・小じわやシミが気になる方
・お肌のたるみが気になる方
・髪の毛が薄くなってきた方


ローズヒップとは南米やヨーロッパに多く生息している野バラの一種。日本の春(3月〜4月)、南半球・南米では真っ赤な実をつけます。

このローズヒップの真っ赤に熟した実の外皮を乾燥させて細かく砕いたものが「ローズヒップティ」、実の中の種からは「ローズヒップオイル」が抽出されます。


南米チリ国のアンデス山麓に自生する野バラ(無農薬・天然自然)ローズヒップの実の中には、5〜10粒ほどの小さな種子が存在します。この微量の種子からローズヒップオイルは抽出されます。ローズヒップ愛好会の使っているローズヒップオイルは、この貴重な原料純100%使用の、贅沢な一品です。


写真をクリックするとローズヒップの赤い実がでます。


使用方法
●オイルを1〜2滴手のひらにとり、軽くお肌全体になじませます洗顔→化粧水→アンデスローズヒップオイル→乳液またはクリーム

●お肌のかさつきが気になる方
アンデスローズヒップオイルを多めにとり、軽くマッサージ してお肌になじませます。さらに蒸しタオルをあてて簡単エステ。

●さっぱりとした使用感がお好みの方
お手持ちの化粧水、または乳液と混ぜてお使い頂くと、さっぱりとした使用感になります。


特徴
ローズヒップとは南米やヨーロッパに多く生息している野バラの一種。日本の春(3月〜4月)、南半球・南米では真っ赤な実をつけます。このローズヒップの真っ赤に熟した実の外皮を乾燥させて細かく砕いたものが「ローズヒップティ」、実の中の種からは「ローズヒップオイル」が抽出されます。


添加物・香料は一切使用しておりません。



成分

○保湿成分 Linolenic Omega 3が約31%も含まれています。
○その他、リノール酸やオレイン酸も多く含まれています。

人間の皮膚組織の健全な形成に欠かせないオメガ3リノレン酸を35%以上含み、必須脂肪酸の合計は80%を超えます。

美肌を保つ栄養素、植物性ビタミンA、ビタミンA酸(トランスレチノイン酸)ビタミンC、ビタミンPを豊富に含有し、肌の奥深くまで浸透し、シミ、シワに効果があるといわれています。
 




画像 ( )
2018.11.20:rosehip

HOME

(C)ローズヒップ愛好会・山形

powered by samidare