みそプロジェクト

第2回みそひともじコンテストの選考結果です。
今回もたくさんのご応募をいただき、どうもありがとうございました。

▼ 小野川部門 15選
湯の岸に掬う(すくう)手の平掠め(かすめ)飛ぶ夏の一夜の小月なりけり
  月蝕海豚

小野川の出湯の夜は蛍舞ふ 鬼面川辺に友と連れ立つ
  高橋 七郎

雪囲い 障子貼り終え 我が手みる 思案の先は 小野川のお湯
  山田 嘉實

十五にて逝きし娘の魂か 蛍火ひとつ われにまつわる
  黒沼 智

湯上りのほほに涼風(すずかぜ)心地よし ほたる舞う川 小野川の里
  佐竹 敏子

遠き日に蛍追いかけ遊んでた夏の想い出 小野川にあり
  紺野 三重子

来し方は農一筋に生きて老い妻と憩へり小野川の里
  小関 昭栄

汗垂りて源流沿いに道を行く小町湯すぐに身浸かるからに
  宗像 六郎

青雲の旅立ち以来四十余年経ちて集いぬ今宵小野川
  富川 善朗

指先に休む蛍の愛しく去りし人らの誰ぞか想う
  小川 かおり

蛍火を追う子 我が身の幼き日 遠き昔を楽しむいで湯
  静田 龍

小町の湯 ひと風呂あびてほほ赤くほたる舞いとぶ恋の散策
  高橋 恵美

▽2代目 和歌大将
父と来た 思い出多き鞄持ち 宴会後のふれあいのお湯
  井口 昇

▽2代目 和歌女将
頬染めてスキーする背を目で追いて多感な頃の湯の街 ここは
  とし子

▽俵万智賞
来客のおもてなしにと小野川の蛍に会ひに夕暮れに発つ
  大場 衛子


▼みそ部門 10選
冬最中(ふゆさなか)かまくらで喰ふもやし麺一味違ふ味噌と温もり
  佐々木 清子

足触るる君と炬燵に真向いて朝餉の味噌汁 豆萌(まめもやし)の具
  沓沢 和子

白ぶかし 隅に鎮座す大根の味噌漬二枚 味は変わらず
  渡辺 健三

みそ玉をなげてあそんだ幼などき 怒りし母の顔なつかしく
  矢沢 つや子

雨の日は味噌のお握り香ばしく焼いて二人の昼時とする
  渡辺 清恵

若葉萌ゆ 霞か雲か軒積みの豆幹焚きて大釜で煮る
  原 ヤエ

朝摘みの胡瓜かじれば 味噌の香の母の手作り 遠き日思ふ
  大場 衛子

これオレのおふくろの味 いつかそのひと言ほしくてまたみそをとぐ
  小田切 三佳代

帰郷する子の好物の味噌汁に心はずみて山菜きざむ
  山田 勝子

▽味噌部門金賞
反省はきゅうりにみそを乗せ乍ら 卯花月夜の一際白く
  佐竹 晃子

米沢市の井口昇さまのみそひともじです。


  腹ヘリて母の作りし みそにぎり 両手に持ちて友の待つ場へ


  大樽川 雪代(ゆきしろ)入り竿を振る 出会いの山女魚(やまめ)恋人にも似て


酒田市の伊藤栄一さまのみそひともじです。


  故郷の匂い懐かし味噌汁の野菜摘み摘み夕餉の支度


山形市の松岡圭子さまのみそひともじです。


  山の端にヒメホタルの火 燿ひて(かがやひて)小町の後姿 仄か(ほのか)に浮きぬ


ゆきのしたさまのみそひともじです。


  君の手に初めて触れて歩く夜 闇と蛍と未舗装の道

米沢市の ののあざみさまのみそひともじです。


  百となく深き雪越え来ん君を尼湯の辻で今宵待たなん


  君待ちし小野川そぞろ夕暮れて想ひとどけよ とべ恋蛍


  
▼新着コメント
小町ちゃん ぽっこり...
 (門藤義明 03/14)
ありがとうございまし...
 (宮内志乃 02/05)
ごっつっぉうみそ料理...
 (味噌丸 02/03)
ごっつっぉうみそ料理...
 (味噌丸 02/03)
振舞コーナー...
 (味噌丸 02/03)
吾妻荘さんの調理風景...
 (味噌丸 02/03)
レシピ展示...
 (味噌丸 02/03)
みそ展示...
 (味噌丸 02/03)
鯉の唐揚げ 胡麻味噌...
 (味噌丸 02/03)
鯉の唐揚げ 胡麻味噌...
 (味噌丸 02/03)