◆トラとパリラと豚カツランチ◆

  • ◆トラとパリラと豚カツランチ◆

絶好のライディング日和に恵まれた9月最終の日曜日、先日混合ツーリングの際にお知り合いになったY氏をお誘いし、近くのワインディングへミニツーリングに出掛けました。

方や英国が誇るバーチカルツインの最高峰トライアンフボンネビル、負けじとこちらはアウトストラーダの伊達男、イタ車の雄パリラグランスポルト。

互いに旧車ならではのエクゾーストノートを奏でながら小一時間の楽しいライディング、お昼に選んだ先は南陽市赤湯のカフェレストラン・パークさん。

お目当てはもちろんこの逸品、特選洋風豚カツランチです。

どうですか圧巻のこのお肉の厚み、そしてジューシーで柔らかな食感。

特製のデミソースと粒マスタードがまた良く合うんですよね。

初めて食べたY氏も大絶賛でした。

その後長井に戻りY氏と別れた後向かったのが白鷹町蚕桑地区の田んぼアート。

周りは既に稲刈りが済んでおりましたがここだけ残しておいてくれたんですねぇ。(感謝)

西陽をうけてきらきら輝くアートの手前に愛車をレイアウトしてパチリ。(^^♪

秋晴れのバイクで走るにはとても気持ちの良い一日を満喫。

明日への活力を充電できた素適な休日でした。

 

2013.09.30:maru8:[愛しのオートバイ]

パリラシート

ご無沙汰しています.東京の麻田です.以前にパリラの件で連絡した麻田です。久しぶりにバイクをいじり始めてます.そろそろパリラのレーサーが完成すると思いますがもう一代の58年のGSもレストアしようと思っています。ただマフラーシート、リアフェンダーが無くブルーノに手に入らないかと聞いているんですが彼は無理そうででもマフラーはイタリアで作ってもらえそうです。後はシートなんですが以前にシートをお作りになりましたよね?あれはどこで作ったのですか?情報をいただけるとありがたいです。

麻田
2015.02.15:麻田浩:[編集/削除]

パリラのシート

麻田 様

こちらこそご無沙汰しています。
パリラGS用のシートはバットモーターサイクルの片山さんに頼んでイタリアで作られているレプリカ品を購入しました。
昨年もお客様の要望で1個入れられたそうですがキャンセルとなり買い手を探しておられましたよ。
但し現在も在るかどうかは不明です。
このシートは本物を忠実に再現したレプリカですので本革のバックスキンで覆われていてクオリティが高く素晴らしい部品だと思います。
価格は10万円以上はしますので御予算次第でしょうが私は購入してよかったと思っています。
麻田さんのパリラ2台、楽しみですね。
仕上がったらぜひ画像を拝見したいです
2015.02.16:酒屋おやじ:[編集/削除]

はじめまして

いつかはパリラと思いつつ数十年が…美しい車体を拝見して、ついコメントしてしまいました。またお写真拝見できるのを楽しみにしております。
2018.04.10:森永:[編集/削除]

コメントありがとうございます。

パリラがお好きなんですね。
小生も若い頃から憧れてようやくご縁が有ったのは40歳代でした。
それからまともに走るようになるまでに更に数年、今では還暦が数年後という年になりました。
「念ずれば花開く」というのが小生のモットーですが当に「いつかはパリラ」を念じてやってきましたのでお気持ちは良く解ります。
何の力にもなれず恐縮ですが夢が叶う日が来る事をお祈りしています。
2018.04.10:酒屋おやじ:[編集/削除]

御礼

返信ありがとうございます。今40代になって初めて二輪免許を取り、初めての単車にハーレーのWRを選んでしまいました。パリラへの道のりは遠そうですが、密かに念じ続けてみます。
2018.04.10:森永:[編集/削除]

素敵なバイクライフを!

一口にバイク趣味と言っても枝葉が多く多彩ですが、パリラが気になるのは小生と感性が近いという事なのでしょうね。
いつかはパリラですよ。(^^♪
素敵なバイクライフをお楽しみください。
2018.04.11:酒屋おやじ:[編集/削除]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。