ぼくのニワトリは空を飛ぶー菅野芳秀のブログ

 いつまでこんな連中を相手にしなければならないのだろう。毎日新聞(10月5日)の社説のことだ。それを読んでからずっとムカムカしている。
「農業の強化を妨げるな」と題したその文章には「今年の新米が、前年より高めの値段で出回り始めた。」、「米価の高止まりは生産性の低い零細農家の温存につながり、担い手への農地集約を妨げかねない。」、「高い米価が維持され、生産性の低い農家が存続すれば、農地集約も進まない。」よって、補助金を削減しろという。いままで何回も繰り返されてきた農業タタキ、農家タタキが書かれている。いったい「高い」という根拠はどこにあるのだろう。

 昨年同様、今年の米価も目も当てられない暴落の中にある。仮渡金とはいえ、今年は1俵/60kgあたり10,000円。昨年は8,500円だった。おそらく最終価格に各種補助金が加わっても1,000〜1,500円前後が上がるだけだ。10,000円前後の絶望的な安さは変わらない。
 この米価はいまから42年前の1973年(昭和48年)の10,300円(1俵/60kg)に近い。当時の新聞購読料は1,100円(1ヶ月)だった。それが今日では3,925円となっている。およそ3.57倍。その数値を当時の米価にあてはめれば1俵あたり39,773円となっていなければならないはずだ。繰り返すが、それを今年も1万円前後で販売せざるを得ない。

地元のスーパーでは新米が10kg3,000円で売られていた。そこから言えば、ご飯一杯(白米で70g)の価格は21円だ。5杯食べても105円。
 それでも新聞社は、米価が高いという。それを言うならば、新聞購読料金を1,100円/1ヶ月にしてから言うべきではないのか。

 他方、農水省はH25年の一俵あたりの生産費を15,229円と発表した。今年もほとんど変わらないだろう。コメを1俵売るごとにその差額分が赤字となっていく。
 この暴落の背後にTPPがある。そこで約束した輸入米7・8万トンを加えれば、およそ85万トンの無関税米が毎年輸入されることになる。山形県の総生産量・42万トンの2倍だ。かくて、暴落はとどまるところをしらない。やっていけないのは規模が大きい農家とて同じだ。かくて農業、農村、農家の壊滅的危機が進行していく。

あぁ、ムカムカがおさまらない。
ときどき拝見しております。
同記事でおなじくムカムカしたもので
つい共感コメントいたした次第。
農家ではありませんが実家が米農家なのでいたたまれません。

2015.10.10:西東しげあき:修正削除
ほんとうに
これは人権問題ですよね。すでに経済の問題ではないと思っているんですよ。村も無くなるかもしれないのですから。頑張りますよ、反TPP!

2015.10.18:西東さま:修正削除


▼<新米のご案内です。> 1、品種;「ひとめぼれ」と、「コシヒカリ」、それにもち米の「黄金もち」です。 2、肥料;自然発酵鶏糞とレインボー堆肥中心で育てました。化学肥料は使用していません。 3、農薬(殺菌剤・殺虫剤);使用していません。 4、除草剤;一回のみ使用。あとは除草機を動かし、田んぼの中を歩きました。 5、価格;品種問わず、白米、七分とも10kgあたり5,000円(送料別)、玄米は4,600円です。もち米も同じ価格(3kgは別価格)です。 6、保管と発送;お米はモミのまま貯蔵し、夏は低温倉庫で保管します。毎月10日が到着日。風味が損なわれないように発送直前に精米しお届けいたします。 7、お申し込み;同封の(添付の)用紙に月ごとのお届け量をご記入しお送りください。また、毎月お届けする方につきましてはAとBの二つの品種パターンがあります。隔月や不定期のかたはこの限りではございません。 A;「ひとめぼれ」と「コシヒカリ」とを交互にお送りします。 B;どちらか一方の品種に限定します。 注文用紙にAかBかのどちらかをお書きください。Bの場合は品種名をお書きください。作付け面積は6;4で「ひとめぼれ」が多くなっています。よって、途中からどちらか一方になるかもしれません。あらかじめご承知おきください。 また、10月分は生育の速さの違いから全てが「ひとめぼれ」となります。 ご注文はメールかファックスでお受けいたします。 田んぼは昨年より少し増えました。お仲間にご紹介いただけたらうれしいです。 8、ご注文の変更;品種、つき方、量の変更などは前月の月末までお知らせ下さい。 9、お支払い;郵便局の振込み用紙を同封いたします。  <ウラへ> <オモテより> 10、お米の発送;お米のお届け日は毎月10日着にいたします。新米は10月中にはお届けで来ますが、稲刈りが始まらなければ分からないところがあります。できるだけ10日にお送りできるよういたします。 11、申し込みの取り消し;いつでも自由に行えます。   土・いのち・循環の下に       菅野農園     2011,9 この記事へのコメントはこちら
名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。