ほんきこ。WEB

ほんきこ。WEB
ログイン

6月は、塗くんの担当で、28日(木) 19時〜21時40分まで、高畠町総合交流プラザで開催でした。

テーマは「都会と田舎は何が違うか?」(であったようです^^;)。
参加者は7人。

都会からこちら(川西町)に住むようになって1年余り過ぎて、いろいろと感じ考えながら仕事をしている担当者。
本の紹介以外の部分で、その思いをレジメとPCでのプレゼンで伝えてくれた。
機会があれば、ぜひそれも皆さんにお伝えしたいものです!





それでは、皆さんの紹介本です。

紹介者1(Тさん)
 『蚕の民俗』 (奥村幸雄)
 『落ち穂拾い』 (奥村幸雄)

紹介者2(Aさん)
 『限界集落株式会社』 (黒野伸一  小学館)
 『山里のオデッセイ』 (伊藤孝博  連合出版)

紹介者3(Nさん)
 『日本奥地紀行』 (イザベラ・バード:著 高梨健吉:訳  平凡社)

紹介者4(A2さん)
 『遅筆堂文庫物語』 (遠藤征広  日外アソシエーツ:発行、紀伊國屋書店)
 『ヒデヨシ印の万華鏡』 (ますむらひろし 朝日ソノラマ館)

紹介者5(A3さん)
 『旬』浜のおばちゃん料理集  (山形県、旬の魚実行委員会 非売品)
 『つるおかおうち御膳』 (鶴岡市)
 写真冊子『ブナの声』シリーズ (斎藤政広写真集  斎藤政広写真事務所)

紹介者6(Kさん)
 『おらだのことば』 (松村健治、菊池 直 :編・著)

紹介者7(Oさん)
 『庄内方言よもやま話し』 〜しのざき先生のこげだ話し、覚えったが〜
           (篠崎晃一 山形県三川町) 


 地方の出版本、小説、ノンフィクション、紀行文、マンガ、非売品のレシピ集、
 写真集などなど、12冊。
 今回は地方出版本が多かったですね。
 
 
 本の話ももちろんですが、身辺で起きる(おきている)ことなど話題はいっぱい、たちまち予定時刻が過ぎてしまいました。

 初めて読書会として使用させていただいた、高畠町総合交流センターの施設もなかなかいいですね。

 今月担当ありがとうございました。

 7月の予定は、間もなく連絡できると思いますので、お楽しみに!
 





2012.07.05:管理人:count(1,854):[メモ/読書会]
copyright honkiko
powered by samidare
community line
http://tukiyama.jp/okoshiai/okitama/


名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare